マリオンクレープとは

マリオンクレープとは

東京へ、原宿竹下通りへ。日本初のクレープ店誕生

東京へ、原宿竹下通りへ。日本初のクレープ店誕生

フランスが発祥の地であるクレープを、流行のさきがけとして日本で販売開始したのは1976年。場所は東京・渋谷公園通りのとある駐車場の一角です。日本初となるクレープのお店は一台の小さなワゴンでした。この不思議な店舗で販売される、フランス・パリのエッセンスを取り入れたファッショナブルなスイーツはたちまち話題騒然となり、テレビや雑誌で大きく扱われます。ファストフードが希少な当時、瞬く間に皆様へ広く認知される食べ物となりました。この成功をきっかけに、翌1977年、まだぽつぽつとしか店舗のない原宿竹下通りへマリオンクレープ二号店を正式オープン。私たちのクレープが原宿の代名詞として、国民的スイーツとして大人気になるのは、もう間もなくのことでした。道行く若者の多くがクレープを片手に食べ歩き、竹下通りを象徴するシーンとなったのです。

クレープのパイオニアが追求した「本物の味」を

クレープのパイオニアが追求した「本物の味」を

日本で初めてクレープという食文化を開拓したパイオニアとしての自覚を忘れることなく、マリオンクレープは日々おいしさを追求しています。手作りでしか表現できないフランス生まれのお菓子だからこそ、ひと口食べれば味の差は歴然です。ライフスタイルや価値観、食文化がめまぐるしく変化するなか、創業以来トップブランドとして揺るぎなく愛される理由は、まさに本物だけが持つ〝質〟と〝実績〟にほかなりません。
40年間にわたり一貫して、原宿竹下通りから生まれた本場フランスの雰囲気とおいしさを守り続けたクレープは、今や日本スイーツの主役のひとつと言っても過言ではないでしょう。現在では日本全国に約80店舗の直営店およびフランチャイズ店を展開するばかりか、海外進出も成功を収め、世界中の皆様にご愛顧いただいております。
これからもマリオンクレープがお届けする『本物の味』をどうぞお楽しみください。

岸伊和男